人を罵るイギリス英語のスラング表現 | ノッティングヒルの恋人 No.4

映画「ノッティングヒルの恋人」
スタディサプリENGLISH
ブログのご案内
  1. 映画「ノッティングヒルの恋人」の12分25秒から18分55秒までの出題になります。
  2. 推測問題、リスニング問題、翻訳問題の形式で問題が出題されます。それぞれの問題において答えは全て同じです。(まずは問いてみてね!)
  3. 最後の翻訳問題下の「答えの表示」ボタンを押すと不正解の場合は、答えの右横に正解が表示されます。推測問題、リスニング問題の下にある「答えあわせ」ボタンでは正解は表示されません。

推測問題

次の( )内に入る2語以下の英単語を答えましょう。大文字と小文字に注意して、余分な空白を開けずに英字半角で記入してください。

問1:定番/覚えておきたいフレーズ問題 12:25

【ストーリー】ウィリアムが偶然アナにジュースをかけてしまい、着替えのために自宅に招きいれて家を案内します。最後は、部屋を汚しっぱなしの同居人スパイクへの罵りの一人言です。

ウィリアム:Come in. It’s not quite (①) tidy (①) it normally is, I fear. But the bathroom’s on the top floor. And the telephone’s just up here. Here, let me…
(アナが階段を上がる)
ウィリアム:Round the corner, straight on, straight on up. 
(アナが階段を上がり見えなくなる)
ウィリアム:(②).


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問2:定番日常フレーズ問題 13:15

【ストーリー】着替え終わったアナを気遣うウィリアムのセリフです。

ウィリアム:Would (③)a cup of tea before you go?
アナ:No.
ウィリアム:Coffee?
アナ:No.
ウィリアム:Orange juice? Probably not. Something (④)cold?


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問3:日常/定番フレーズ問題 14:17

【ストーリー】アナが着替えを終えて、家を立ち去るときの会話です。

アナ:I’d (⑤)going. Thanks for your help.
ウィリアム:You’re (⑥). And may I also say heavenly. I’ll just take my one chance to say it. After you’ve read that terrible book, you’re certainly not (⑦) be coming back to the shop. 
アナ:Thank you.
ウィリアム:Yeah, well, (⑧).


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問4:定番フレーズ問題 18:55

【ストーリー】おかしなお客が本屋に現れて、「旅行関連以外の本があるか?」とたずねウィリアムが「ない」と返信したあとの会話です。

お客:Oh, right. (⑨)the new John Grisham thriller?
ウィリアム:Well, no, because that’s a novel (⑩), isn’t it.

リスニング問題

セリフの中で赤字になっている部分が音声として流れます。音声を聞いて、フレーズを答えましょう。大文字と小文字に注意して、余分な空白を開けずに英字半角で記入してください。1つの( )内には2語以下の英単語が入ります。※音量が大きい場合がありますので気をつけて下さい。

問1:定番/覚えておきたいフレーズ問題 12:25

ウィリアム:Come in. It’s not quite (①) tidy (①) it normally is, I fear. But the bathroom’s on the top floor. And the telephone’s just up here. Here, let me…
(アナが階段を上がる)
ウィリアム:Round the corner, straight on, straight on up. 
(アナが階段を上がり見えなくなる)
ウィリアム:(②).


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問2:定番日常フレーズ問題 13:15

ウィリアム:Would (③)a cup of tea before you go?
アナ:No.
ウィリアム:Coffee?
アナ:No.
ウィリアム:Orange juice? Probably not. Something (④)cold?


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問3:日常/定番フレーズ問題 14:17

アナ:I’d (⑤)going. Thanks for your help.
ウィリアム:You’re (⑥). And may I also say heavenly. I’ll just take my one chance to say it. After you’ve read that terrible book, you’re certainly not (⑦) be coming back to the shop. 
アナ:Thank you.
ウィリアム:Yeah, well, (⑧).


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問4:定番フレーズ問題 18:55

お客:Oh, right. (⑨)the new John Grisham thriller?
ウィリアム:Well, no, because that’s a novel (⑩), isn’t it.


スタディサプリENGLISH

翻訳問題

日本語の翻訳にあうように英語のフレーズを答えましょう。大文字と小文字に注意して、余分な空白を開けずに英字半角で記入してください。1つの( )内には2語以下の英単語が入ります。

問1:定番/覚えておきたいフレーズ問題 12:25

ウィリアム:どうぞ入って。あまり綺麗ではないですが。バスルームは一番上の階、電話はちょうどこの上です。(荷物を)預かるよ。
(アナが階段を上がる)
ウィリアム:曲がって、真っ直ぐ上に。
(アナが階段を上がり見えなくなる)
ウィリアム:あいつ

ウィリアム:Come in. It’s not quite (①) tidy (①) it normally is, I fear. But the bathroom’s on the top floor. And the telephone’s just up here. Here, let me…
(アナが階段を上がる)
ウィリアム:Round the corner, straight on, straight on up. 
(アナが階段を上がり見えなくなる)
ウィリアム:(②).


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問2:定番日常フレーズ問題 13:15

ウィリアム:帰る前に紅茶でも?
アナ:結構よ
ウィリアム:コーヒーは?
アナ:結構よ。
ウィリアム:オレンジジュース?それはないね。何か他に冷たいものでも。

ウィリアム:Would (③)a cup of tea before you go?
アナ:No.
ウィリアム:Coffee?
アナ:No.
ウィリアム:Orange juice? Probably not. Something (④)cold?


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問3:日常/定番フレーズ問題 14:17

アナ:もう、行かないと。お心遣いありがとう
ウィリアム:とんでもない。それから、あなたはとても素敵だ。今しか言えない。あの酷い本を読んだら、あなたはきっとあの店には戻ってこない。
アナ:ありがとう
ウィリアム:こちらこそ

アナ:I’d (⑤)going. Thanks for your help.
ウィリアム:You’re (⑥). And may I also say heavenly. I’ll just take my one chance to say it. After you’ve read that terrible book, you’re certainly not (⑦) be coming back to the shop. 
アナ:Thank you.
ウィリアム:Yeah, well, (⑧).


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問4:定番フレーズ問題 18:55

お客:なるほど。グリシャムの新しい本はどう?
ウィリアム:いいえ。それも小説ですからね。

お客:Oh, right. (⑨)the new John Grisham thriller?
ウィリアム:Well, no, because that’s a novel (⑩), isn’t it.

今回のポイント

問1:定番/覚えておきたいフレーズ問題 12:25

● A as ~ as B:Aは、Bと同じくらい~
【説明】問題では、否定文で使われていますので、”AはBと同じくらい~ではない”という意味になります。また、否定のあとにQuietが使われています。QuietやVeryなどの”かなり”や”とても”の副詞が否定される場合には、”あまり~ない”という意味で使われます。

● Bugger:あいつ。見下げたやつ
【説明】イギリス英語のスラングで、見下した相手に使われることがあります。アメリカ英語では、小動物や愛情を込めてあいつというときに使われます。

問2:定番/日常フレーズ問題 13:15

● Would you like~:~はいかがですか?
【説明】日常的によく使われる表現で、相手に何かを丁寧にすすめるときに使われます。

● Something else:他になにか

問3:日常/定番フレーズ問題 14:17

● Had better + 動詞原形:動詞をした方が良い
【説明】”Had better”は、警告や脅しなどにも使われるため、少しきつい印象を与える表現です。また、”Had better”のあとは動詞の原形が来ます。”~した方がいい”というときは、”Had better”の代わりにShouldを用いるとやわらかい表現になります。

● You are welcome:どういたしまして
【説明】少し堅苦しい印象を与える表現です。似たような表現に”My pleasure”がありますが、こちらの方がカジュアルな表現です。

● To be gonna ~:~するでしょう。~する予定です
【説明】現在の延長線上にある将来についての出来事に使われて、willはそのときに決めた将来のことなどに使います。

● My pleasure:どういたしまして。こちらこそ
【説明】上の”You are welcome”よりもカジュアルな場面で使われます。

問4:定番フレーズ問題 18:55

● How about ~:~はどうですか? 〜したらどうですか?
【説明】話し相手の考えを引き出すための質問や、相手に何かを提案するために使われます。

●文末のToo:~もまた
【説明】前の会話や文章を受けて、”~もまた(同様に)”という意味で使われます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノッティングヒルの恋人 [ ジュリア・ロバーツ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2022/11/16時点)


スタディサプリENGLISH