「10日間で男を上手にフル方法」で生きた英語を学ぶ方法の紹介

映画「10日間で男を上手にフル方法」
スタディサプリENGLISH

今回からは映画「10日間で男を上手にフル方法」で英語を学んでいきましょう。

私が全ての映画の中で一番好きな映画が「10日間で男を上手にフル方法」です。

もしかしたら、日本ではあまり知名度がないのかもしれませんので、紹介しようかどうか迷ったのですが、知ってほしいと言う気持ちもあり紹介させていただきました。

10日間で男を上手にフル方法は、興行成績もよく外国人と話すとアメリカ人はもちろん、ヨーロッパ人も他のアジア人も知っている人が多いです。

そんなオススメの映画「10日間で男を上手にフル方法」ですが、ハリウッド映画らしくあまり難しい表現が使われていません。

こちらの映画は優しい表現が多く使われています。

そのため、出題する問題も簡単なものが多く含まれています。初心者向けです。

以前にも書いていますが、これまでに出題された重要なフレーズが「10日間で男を上手にフル方法」での問題でも出題されることがあります。

これは、同じフレーズであっても、違う場面での使われ方を見ることで、記憶に定着しやすくなることや

人によっては「10日間で男を上手にフル方法」から問題を解く人もいるためです。

どうぞ、ご了承ください。

それでは、これから一緒に学んでいきましょう。

10日間で男を上手にフル方法の登場人物

10日間で男を上手にフル方法を見られた方は、こちらは読み飛ばしていただいて結構です。

この映画に出てくる主人公2人と各主人公の友達を2人ずつ紹介します。

アンディ(女性)

 10日間で男を上手にフル方法の主人公。人気の女性ファッション誌・コンポージャーの記者です。コロンビア大学でジャーリズムの修士課程を卒業しているため、本当は政治問題や環境問題などの記事を書きたいと思っています。

ベン(男性)

 10日間で男を上手にフル方法のもう一人の主人公。広告代理店につとめる広告マンです。女性と付き合っても長続きせず、10日以上付き合ったことがありません。

ミシェル(女性)

 アンディと同じコンポージャーに勤める女性記者です。男性と付き合っても長続きせずに、原因は自分がぽっちゃりしているせいだと思っていますが、実際は男性が離れたくなる(重たい)行為を色々と繰り返すことにあります。

ジェニー(女性)

 アンディと同じコンポージャーに勤める女性記者です。常に冷静ですが、ときどきアンディが仕掛けるベンへの嫌がらせにアイディアを提案したりします。

トニー(男性)

 ベンの同僚であり友達です。ベンがアンディとの間をやめようとするたびに、もう少し頑張るようにと励まします。 

セイヤー(男性)

 ベンの同僚であり友達です。トニーと同様にベンとアンディの関係がうまくいくよう励まします。途中、カップルセラピーに行くように勧めます。

10日間で男を上手にフル方法のストーリー

次に「10日間で男を上手にフル方法」の簡単なストーリーを紹介します。

ストーリーをご存知の方も読み飛ばしていただいて、次の章から始めてください。


 ある日、アンディの同僚のミシェルが男性に振られ会社に来なくなります。

それに興味を持ったコンポージャーの上司ラナは、その恋愛の経緯を雑誌の記事にするように指示します。

自分のプライベートを知られたくないミシェルは拒みますが、アンディが自分が彼氏を見つけて10日以内に振られるハウツーの記事を書くと提案します。

一方で、広告代理店につとめるベンは、ダイヤモンド大手の宣伝担当者になるために社長へ直談判に行きます。

そこで、ライバルの女性達にベンは女性心が分からないからダイヤモンドの宣伝には向かないと煽られ、

ベンは彼女を見つけて10日間関係を継続し、10日後のパーティーに彼女を連れてくると宣言します。

10日間で男性に振られる必要のあるアンディと10日間女性と関係を継続しなければいけないベンが、ライバル女性の企みによって、お互いの事情を知らないままに付き合うことになります。

アンディはベンが嫌いにならせるための行為を繰り返し、ベンは必死に関係をつなぎとめようとします。


ここからの詳細のストーリーは、ネタバレになるので映画を見てくださいね。

それでは、次に実際にこのサイトで、映画「10日間で男を上手にフル方法」を通してどのように英語を学んでいくか練習問題を出題します。

このブログを通して英語を学ぶ方法

既にこちらのブログに訪問していただいている方は、問題の解き方はご存知かと思いますので、説明は飛ばしていただいて結構です。

ただ、問題は他と重複していませんので、良ければ説明を飛ばして問題だけ解いてください。

下がこのブログの学習方法の説明になります。

会話文の中でいくつかの空欄があり、それら全てに回答していただく形式になります。

映画の流れと同様に冒頭から徐々に話の流れにそって問題を出題します。

今回は、会話の中から計5問の練習問題を出題します。

以下は、次回から解いていただく問題と同じ形式の問題です。まず、ストーリーの文脈から答える推測問題、リスニング問題、翻訳問題が出題されます。それぞれの問題において答えは全て同じです。(まずは問いてみてくださいね!)

最後の翻訳問題下の「答えの表示」ボタンを押すと不正解の答えの右横に正解が表示されます。

スタディサプリENGLISH

推測問題

次の( )内に入る2語以下の英単語を答えましょう。大文字と小文字に注意して、余分な空白を開けずに英字半角で記入してください。

問1:使える/定番フレーズ問題 02:04

【ストーリー】アンディが本当は政治問題や環境問題などの記事が書きたいと愚痴を言い、ジェエーが心なく「そのうちに書けるわ」と返答したあとの会話です。

ジェニー:Hey, I’ve got something to (①) you up. You know, that editor from Sports Illustrated that you’ve been shamelessly flirting with on the phone for…whoo, a month now. He made a little delivery thing morning. 
アンディ:Ah, ha, ha.(②) me see. Oh, no. Tomorrow night. 
ジェニー:What (③) tomorrow’s night?
アンディ:Only the (④) exhilarating and artistic display of athletic competition (⑤) to mankind. 

※Flirt:いちゃつく ※exhilarating:スカッとする。爽快な

リスニング問題

セリフの中で赤字になっている部分が音声として流れます。音声を聞いて、フレーズを答えましょう。大文字と小文字に注意して、余分な空白を開けずに英字半角で記入してください。1つの( )内には2語以下の英単語が入ります。※音量が大きい場合がありますので気をつけて下さい。

問1:使える/定番フレーズ問題 02:04

ジェニー:Hey, I’ve got something to (①) you up. You know, that editor from Sports Illustrated that you’ve been shamelessly flirting with on the phone for…whoo, a month now. He made a little delivery thing morning. 
アンディ:
Ah, ha, ha.(②) me see. Oh, no. Tomorrow night. 
ジェニー:
What (③) tomorrow’s night?
アンディ:
Only the (④) exhilarating and artistic display of athletic competition (⑤) to mankind. 

※Flirt:いちゃつく ※exhilarating:スカッとする。爽快な

翻訳問題

日本語の翻訳にあうように英語のフレーズを答えましょう。大文字と小文字に注意して、余分な空白を開けずに英字半角で記入してください。1つの( )内には2語以下の英単語が入ります。

問1:使える/定番フレーズ問題 02:04

ジェニー:あなたを元気付けるものがあるわ。1ヶ月前にあなたが電話でイチャついたスポーツ記者、彼から今朝プレゼントが送られてきたわよ。
アンディ:見せて。明日の夜よ。
ジェニー:何があるの?明日の夜に。
アンディ:みんなが知っている最高に爽快なスポーツ・イベントよ。

ジェニー:Hey, I’ve got something to (①) you up. You know, that editor from Sports Illustrated that you’ve been shamelessly flirting with on the phone for…whoo, a month now. He made a little delivery thing morning. 
アンディ:Ah, ha, ha.(②) me see. Oh, no. Tomorrow night. 
ジェニー:What (③) tomorrow’s night?
アンディ:Only the (④) exhilarating and artistic display of athletic competition (⑤) to mankind. 

※Flirt:いちゃつく ※exhilarating:スカッとする。爽快な

今回のポイント

問1:使える/定番フレーズ問題 02:04

● To cheer up:元気付ける 

● Let O 動詞の原形:Oに動詞をさせる。
【説明】使役動詞のLetです。Oに動詞をすることを許可するという意味が含まれます。問題の場合とは異なりますが、”Let me see.”で”え~っと”と何かを思い出そうとするときや何か言おうと考えている時に使われることもあります。 

● What happens?:何がおこるの?

● The most + 形容詞:もっとも形容詞
【説明】一般的に最上級を作るときには、”The most 形容詞”または”The 形容詞 + est”の形をとり、”もっとも形容詞”という意味になります。ただし、GoodとWellの最上級は”The best”。Badとillの最上級は”The worst”になります。 

● 名詞 + known to ~:~に知られている名詞
【説明】”名詞 + 過去分詞”の過去分詞は名詞に対する形容詞の役割をします。動詞が名詞の後ろに付くときは二語以上の単語で修飾するときです。問題では’’Known to mankind’と3つの単語で修飾しています。また、進行形と異なり過去分詞で名詞を修飾する場合は名詞が受け身の場合になります。問題では”known to mankind”の前の単語がみんなが知っている対象になり、それがみんなに知られているために、受け身の形の過去分詞が使われます。


以上が、次回から答えていただく練習問題になります。

背景からの推測問題、翻訳問題、リス二ング問題が出題されますが、全て回答は同じです。

まず、実際の会話でも重要になる背景から内容を推測する問題を解いていただきます。推測問題で答えが分かった方は次からの問題は飛ばしていただいても良いと思います。

次にリスニングですが、これも同様に分かった場合には翻訳問題は確認程度に見ていただければ良いと思います。

最後に問題内で使われている表現の説明になります。

次回から、実際に使われている英語表現を参考にしながら、活きた英語を身につけられるよう楽しく英語を学びましょう!


スタディサプリENGLISH