フラれた男をなぐさめるときに使う英語表現 | 500日のサマー No.1

映画「500日のサマー」
日本人講師メインのオンライン英会話「ワールドトーク」
ブログのご案内
  1. 映画「500日のサマー」の04分58秒から06分35秒までの出題になります。
  2. 推測問題、リスニング問題、翻訳問題の形式で問題が出題されます。それぞれの問題において答えは全て同じです。(まずは問いてみてね!)
  3. 最後の翻訳問題下の「答えの表示」ボタンを押すと不正解の場合は、答えの右横に正解が表示されます。推測問題、リスニング問題の下にある「答えあわせ」ボタンでは正解は表示されません。

推測問題

次の( )内に入る2語以下の英単語を答えましょう。大文字と小文字に注意して、余分な空白を開けずに英字半角で記入してください。

問1:定番フレーズ問題 4:58

【ストーリー】振られたトムをなぐさめるために来たレイチェルに、トムが「お母さんはここにいるのを知っているのか」と心配して聞いたあとのレイチェルのセリフです。

レイチェル:Don’t (①) it. Just start from the beginning, and tell us what (②).


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問2:定番フレーズ問題 5:22

【ストーリー】レイチェルがトムに何が起こったか聞き、トムがサマーが言った言葉を回想して話します。

サマー(回想シーン)I think we should stop seeing (③).
レイチェル:Just (④) that.
トム:Just (④) that.


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問3:日常フレーズ問題 5:51

【ストーリー】サマーとトムが別れ話をしているときの会話です。

サマー:We’ve (⑤) like Sid and Nancy for (⑥) now.
トム:Summer, Sid stabbed Nancy seven (⑦) with a kitchen knife. I mean, we have some disagreements, but I (⑧) think I’m Sid Vicious.

※Sid and Nancy:イギリスの過激な恋愛映画 / To stab:刺す


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問4:日常フレーズ問題 6:35

【ストーリー】レイチェルがトムにサマーを忘れるように説得しているときの会話です

レイチェル:You’ve (⑨) with girls before.
トム:Yes
レイチェル:And girls have (⑨) with you before.
トム:This is different.
レイチェル:Why
トム:(⑩) it’s Summer.

リスニング問題

セリフの中で赤字になっている部分が音声として流れます。音声を聞いて、フレーズを答えましょう。大文字と小文字に注意して、余分な空白を開けずに英字半角で記入してください。1つの( )内には2語以下の英単語が入ります。※音量が大きい場合がありますので気をつけて下さい。

問1:定番フレーズ問題 4:58

レイチェル:Don’t (①) it. Just start from the beginning, and tell us what (②).


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問2:定番フレーズ問題 5:22

サマー(回想シーン)I think we should stop seeing (③).
レイチェル:Just (④) that.
トム:Just (④) that.


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問3:日常フレーズ問題 5:51

サマー:We’ve (⑤) like Sid and Nancy for (⑥) now.
トム:Summer, Sid stabbed Nancy seven (⑦) with a kitchen knife. I mean, we have some disagreements, but I (⑧) think I’m Sid Vicious.

※Sid and Nancy:イギリスの過激な恋愛映画 / To stab:刺す


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問4:日常フレーズ問題 6:35

レイチェル:You’ve (⑨) with girls before.
トム:Yes
レイチェル:And girls have (⑨) with you before.
トム:This is different.
レイチェル:Why
トム:(⑩) it’s Summer.


日本人講師メインのオンライン英会話「ワールドトーク」

翻訳問題

日本語の翻訳にあうように英語のフレーズを答えましょう。大文字と小文字に注意して、余分な空白を開けずに英字半角で記入してください。1つの( )内には2語以下の英単語が入ります。

問1:定番フレーズ問題 4:58

レイチェル:心配いらないわ。何が起こったか最初から話して

レイチェル:Don’t (①) it. Just start from the beginning, and tell us what (②).


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問2:定番フレーズ問題 5:22

サマー(回想シーン)お互いに会うのをやめましょう
レイチェル:それだけ?
トム:それだけ

サマー(回想シーン)I think we should stop seeing (③).
レイチェル:Just (④) that.
トム:Just (④) that.


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問3:日常フレーズ問題 5:51

サマー:ここ数ヶ月シドとナンシーのようだったわ
トム:サマー、シドはナンシーを7回も刺してるんだぞ。意見の食い違いはあるけど、自分をシドだと思ったことなど殆どないよ。

サマー:We’ve (⑤) like Sid and Nancy for (⑥) now.
トム:Summer, Sid stabbed Nancy seven (⑦) with a kitchen knife. I mean, we have some disagreements, but I (⑧) think I’m Sid Vicious.

※Sid and Nancy:イギリスの過激な恋愛映画 / To stab:刺す


※問4の下の「答えあわせ」ボタンを押すと答え合わせができます

問4:日常フレーズ問題 6:35

レイチェル:以前にも彼女と別れてるよね?
トム:ああ
レイチェル:振られたのね?
トム:今回は違う
レイチェル:なんで?
トム:サマーは特別だ(サマーだから )

レイチェル:You’ve (⑨) with girls before.
トム:Yes
レイチェル:And girls have (⑨) with you before.
トム:This is different.
レイチェル:Why
トム:(⑩) it’s Summer.

今回のポイント

問1:定番フレーズ問題 4:58

● To worry about ~:~について心配する 

● What happened:何が起こったの

問2:定番フレーズ問題 5:22

● Each other:お互いに 

● Like that:そんな感じ

問3:日常フレーズ問題 5:51

● Have + 過去分詞:現在完了形(継続)
【説明】過去のある地点から、現在まで継続していることに対して使われます。

● For months:数ヶ月
【説明】For a monthで1ヶ月ですが、Monthを複数にすることで数ヶ月になります。  

● 数 + TImes:~回。~度
【説明】回数を表すときに使われます。1回と2回を表すときにはOnceとTwiceが使われるのが一般的です。

● With + 道具:道具を用いて
【説明】道具を用いて何かをしたと表現するときの前置詞はWithを使います。

● Hardly:ほとんど~ない
【説明】似た表現にSeldomがあります。Seldomは”めったに~ない”とHardlyよりも否定の度合いが低い表現です。

問4:日常フレーズ問題 6:35

● Have + 過去分詞:現在完了形(経験)
【説明】過去に経験していることに対して使われます。

● To break up:別れる。壊れる

● `Cause:なぜなら
【説明】`CauseはBecauseの省略の形で、”なぜなら”と理由を説明するときに用いられます。Causeは原因をあらわすときに使いますので、`Causeと使い方が異なります。※問題の中では、Becauseでも正解にしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(500)日のサマー [ ジョセフ・ゴードン=レヴィット ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2022/11/16時点)


日本人講師メインのオンライン英会話「ワールドトーク」